中折れハット



夏の帽子は3つ持っています。

fogのリネンハット、ヘレン・カミンスキーのラフィアハット(ラフィアじゃないかもしれない)と、田中帽子店の中折れハット。素材はケンマ草。

昨日の記事、日焼け対策・帽子vs日傘 取り入れやすいのは、どっち?で、一度かぶったけど結局かぶらず出かけた帽子です。まだ一度もかぶっていない!

昔から中折れハット・パナマハットが憧れで、この春ようやく購入したものです。
この手の帽子をかぶると、男女問わずすごくオシャレに見えませんか?都会的〜な雰囲気が漂います。

それがいけなかった!
リネンハットは子供とハイキングの時などにかぶります。実用性重視のフツーの帽子です。かぶってても恥ずかしくないョ。

しかし中折れハットって「オシャレ頑張ってます」「都会の人です」オーラがビシバシで、見るのはいいけどかぶるの勇気いります。

まぁ慣れでしょうね。
服の方でリラックス感を出して、帽子で締める、という図式ならイナカの40代もいけるかな?がんばろ。